教育施設との距離感は?

人生の中で一番大きな買い物と言われている、住宅購入。その場所を考えるときには、住むのによい条件が揃っているところを時間をかけて探すことになると思います。その中でも、教育施設について調べておくことはとても重要です。注文住宅を建てようと考えている場所から学校へは、どのくらいの距離で行けるかということは特に重要です。幼稚園や保育園であれば送り迎えやバスが一般的ですが、小学校や中学校は、子ども自身が通うことになります。学区の端の方の土地だと場合によっては、歩く距離が二キロ以上あることも。また、中学校になると自転車通学になることもあるので自転車で通学しやすい道路状況であるかということもチェックポイントにしておくと良いかもしれません。

幼稚園や学校の規模を知ろう

教育施設の規模を調べることも土地を考える上で大切なことだと言えるでしょう。幼稚園や保育園については、入園できる子供の人数に限りがある場合があり、受け入れ人数が極端に少ない幼稚園や保育園しか周りにない土地では、実際に住んだとき不便に感じるかもしれません。特に共働き世帯では、何箇所か周りに幼稚園や保育園がある土地を選ぶほうが良いと言えます。また、小学校についても人数が多い学校を経験させたいのか、少ない人数の学校のほうが良いと考えているのかで土地の選び方は変わってきます。教育内容は同じでも人の多さで経験することは多少変わってくると言えるので、どんな教育施設があるか知ることは自分の子供のことを考えることに繋がります。人の多さを見ることで、周辺の治安を知ることにも繋がってくるでしょう。