家は一度建てると動かせない

当然のことながら、家は一度建てれば動かせません。それだけに快適な生活を手に入れるには、家だけではなく周囲の環境についてもしっかりと確認しておく必要があります。土地を購入する前にしっかりと調査を行いましょう。まずチェックしておくべきは騒音です。道路沿い、線路沿いであればまだ音で困りそうだと判断できますが、見落としがちなのが近隣の生活音。ペットの声や子供の声、家電の音といった当たり前の音が大きく聞こえ、近隣トラブルに発展するケースも少なくないのです。工場や牧場、飲食店などが周辺にある場合は臭いについても注意が必要。風向きによっては距離が空いていても臭いが届くことがあるので、よく確認しておきましょう。

確認しておきたいポイントとは

音や臭いはその場に行ってみないと分かりません。購入候補の土地が見つかったら、何度も足を運んで周囲の環境を確認しておきましょう。このとき、時間帯や平日と休日など、いろいろな条件でチェックすることが大切です。休日は静かでも平日は通勤の車が引っ切り無しに行き来してうるさかったり、朝は問題なくても夜になると人が戻ってきて生活音が響くなど、その時々で変わって来るからです。また近隣に問題のある家がないかも調べておきましょう。わざと騒音を立てて迷惑をかけている家や、空き家になって久しく異臭がしている家などが見つかるかもしれません。自分で調べるのが難しいときは、調査会社に依頼することなども検討し、慎重に土地を探しましょう。

建売住宅には、デメリット、メリットとあります。その中でも、自分の意向に沿った住宅があれば自分で新築を建てるより利点があります。