家を建てる予定地の条件を詳しくチェック

注文住宅を建てる上で重要なのは日照条件のチェックです。家の庭でくつろぐときや2階にバルコニーを設ける場合などもその多くは日光の光を目当てに作ることとなります。しかし近くに森や山、高い建物がある場合は重要な時間に家の場所に影が落ちてしまい、台無しになってしまう危険性もあるのです。可能であれば朝昼晩の日光の当たり具合をチェックして、どの位置に庭が来るようにするか、どの位置にバルコニーを設けるかなどを考える際の材料としておきたい所でしょう。またすぐ隣に林や森、池等がある場合は夏場は蚊が特に多くなるなどの害虫対策も必要になるため、虫が苦手な場合はそうした自然の残っている場所から少し距離がある場所を選んだほうが良いかもしれません。

周辺の建物状況や隣人事情

周辺の便利な店や施設へのアクセスが近いと便利なのは間違いありませんが、人が集まる場所には騒音がつきものです。あまりに人が多く集まる場所と近い場合、家で静かに過ごしたいときですら話し声や音が聞こえてしまいゆっくり休めない可能性があります。近くに騒音の元となる建物はないか?また学校の通学路やお祭りで屋台が立ち並ぶような道が近くはないかという点も知っておく必要があります。特にイベントで人通りが多くなると地域住民以外の来客も増えてしまい、騒音だけでなく道や付近が汚されてしまうことも少なくないからです。これらに加えて特に注意したいのが隣人の情報です。家を一度建ててしまうと隣人とはこれから先ずっと付き合っていく事になります。その隣人と相性が悪い場合は離れることもできず関係が悪化の一途をたどりやすいのです。家を建てる事は地域と深く繋がるということをよく意識しておきましょう。

マイホームは人生で最も大きな買い物だといわれていますが、新築一戸建てを購入する会社員のうち約半数が親からの援助を受けているというデータがあります。